プペルが教えてくれたこと

光る絵本プペルバスがじじっかに♡

先日、じじっかには
夢空間を現実に魅せてくれた
キラキラと輝くプペルバスが来てくれました。

プペルが大好きな子ども達は
大喜びで、身体中で光を浴びることができました。
「自分が中学生の頃に、じじっかのような場所があったら良かったな」

はじめて、じじっかに来てくれた方の言葉。

自分が今まで感じてきた「生きづらさ」を
お話してくれました。

その時は、それを「生きづらさ」とは
呼んでなかったんだろう。

今となって、知った、「生きづらさ」という言葉が

これからを開こうとする世界もあるだろう。


「あの頃にあったら良かった」という
未来への挑戦の意思を持った
前向きな言葉のようにも聞こえました。
じじっかが、今のこども達に、そして大人達に見せていける世界があるとすれば

それは、偏った世界なのかもしれない。

小さな小さな世界なのかもしれない。



でも、
絵本に光が加わったものがプペルとすると

現実に小さな希望が加わるのが
じじっかであってほしいと願う。

umau.

福岡県久留米市にある 【実家よりも実家ーじじっかー】を 拠点とし、 母子家庭の発想から生み出す小さな事業 ーSingleMothersPresentsBusinessー の展開をしている会社。

0コメント

  • 1000 / 1000